画像提供:5 BEST KOREA

韓国の20代が最も聴いている曲は?今週の最新音楽チャートTOP 5

K-POPに詳しい読者の方々はご存じかと思いますが、毎週数多くの音楽番組を放送し、アーティストのランキングを発表している韓国。

melonをはじめとした音源配信サービスもたくさんあり、推しの応援に活用されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

今回から、当サイト5 BEST KOREAでも、実際の韓国音楽チャートに基づくTOP 5を毎週発表していきます!

사랑인가 봐(Love, Maybe) / 멜로망스(Melomance)

ボーカルのキム・ミンソク、キーボードのチョン・ドンファンの男性デュオ「Melomance」からは、春らしい一曲がランクイン。

 

 

キム・ゴウン主演のドラマ「ユミの細胞たち」のOST우리의 이야기(Our Story)」が記憶に新しい「Melomance」ですが、今回の「사랑인가 (Love, Maybe)」も現在Netflixで毎週好評配信中のドラマ「社内お見合い」のOSTに起用されており、ドラマ視聴者の心をときめかせています。

 

VOYAGER / 기현(KIHYUN)

韓国国内だけでなく、ここ日本でも絶大な人気を誇る「MONSTA X」でメインボーカルを担当するキヒョンが、デビュー7年目にして初のソロ活動を開始しました。

 

記念すべき1stシングルとなる同曲は、中毒性のあるベースとギターサウンドに、キヒョンのボーカルがマッチした最高にクールなロックナンバー。

 

 

“様々な国々を旅行しながら、その国々に住んでいるキヒョンに会う”というコンセプトで構成されたMVでは、鮮やかな赤のシャツを着用し、英国のロックスターを想起させるワイルドな魅力を披露しています。

アップにしたヘアスタイルで大人の色気を纏い、まさにビジュ爆発なキヒョンに注目。

 

INVU / 태연(TAEYEON)

K-POP界を牽引してきたガールズグループ「少女時代」のリーダー、テヨンによる3rdソロアルバムからは、タイトル曲がランク入り。

 

柔らかいシンセサウンドと、フルートのメロディーが印象に残る、HOUSEをベースとした幻想的なナンバーです。

 

 

タイトルの「INVU」が意味するのは、おそらく「I envy you(あなたを恨む)」

 

何度傷つけられても相手を愛し続けてしまう自分と、そんな自分とは真逆の相手に対する感情を表現した切ない歌詞が、20代女子の大きな共感を集めています。

 

TOMBOY / (여자)아이들((G)I-DLE)

1年間の空白を破り、堂々と返り咲いたガールズグループ「((G)I-DLE)」からは、1stフルアルバムのタイトル曲となる「TOMBOY」がランクイン。

 

「((G)I-DLE)」らしく、ガールクラッシュ満点の魅力が際立つ同曲では、メンバー達の個性あふれる歌声と雄壮なサウンドが上手く調和しています。

 

 

注目すべきは、まるでノワール映画を観ているような緊張感あふれるMVと、大胆でストレートな歌詞

 

愛なんてたかがそんなもの、私の体に傷ひとつすらつけられない” “あなたの腐った匂いのする香水をつけるくらいならなど、かなり強気なフレーズが韓国女子達に刺さっているようです。

 

GANADARA(feat. IU) / 박재범(Jay Park)

自身が設立したHIPHOPレーベル「AOMG」の元代表 パク・ジェボムと、韓国を代表する歌姫 IUのコラボレーション。

 

タイトルの「GANADARA」(=가나다라)は、日本語でいう「あいうえお」や「あかさたな」のようなもので、ジェボムとIUの一風変わったケミが楽しめる一曲になっています。

 

 

ジェボムは、元々交流があったIUをゲストに迎えた同曲を、約2年前から準備していたと話しており、新事務所「MORE VISION」設立後に新しい気持ちで始めるという意味でリリースするつもりだったのだとか。

 

MVでは、そこまで親しくないIUをどうにかしてキャスティングしたいジェボムに爆笑必至。

 

出典:GANADARA MV

 

スタッフには「俺が直接連絡してみるよ!ジウニ(ジウン=IUの本名)と仲良いからね!…本当に電話するよ?まじで仲良いから!」と見栄を張りながら、実際は敬語で「IUさん、来週一緒にMV撮影をお願いできませんか?」と緊張しながら電話をかける様子が笑えます。笑

 

以上が2022年3月20日0:00時点のチャートとなります。

 

筆者の個人的には、2PM時代から推してきたジェボムの曲がトップとなり、大満足の結果に。(年齢がバレそうですが、筆者は第2世代のK-POPファンですㅋ)

 

出典:naver.com

 

1位を飾った「GANADARA」は、ジェボム本人と、ジェボムが設立したHIPHOPレーベル「H1GHR MUSIC RECORD」所属のプロデューサーWOOGIEが作詞を担当。

 

ジェボムの書く歌詞は可愛らしいものが多いので、ぜひ他の曲もチェックしてみてくださいね!